映像/音声の共有以外の機能

ハングアウトは顔を見て話をする以外にも様々なことができます。
ウィンドウ左側には以下の機能のアイコンが準備されています。
・チャット
・画面共有
・Capture
・Google Drive
・Google Effect
・YouTube
この他、ハングアウト用に様々なアプリが用意されていて、それらを追加することで利用できるようになります。

画面共有

画面共有はデスクトップ上に開いたウィンドウを、参加者と共有することができる機能です。例えば自分が作成したExcelの表を共有して一緒に確認することができます。
画面を共有するには、まず、共有したいファイルを起動して、デスクトップ上に開きます。ウィンドウの左側に縦に並んだアイコンから"画面を共有"をクリックします。
共有できるウィンドウの一覧が表示されますので、共有したいウィンドウをクリックして"画面共有を開始"ボタンをクリックすると、参加者の画面上にウィンドウが表示されます。
共有されたウィンドウは、修正を加える様子もほぼリアルタイムで共有されます。なお、他の参加者側からデータの操作や改ざんはできません。

YouTubeを一緒に見る

Googleハングアウトならではの機能といえるのが、YouTubeの共有です。
YouTubeにアップされている動画を参加者全員で一緒に視聴しながら、一緒にテレビを見ている感覚で、その内容について会話することができます。
YouTubeを共有するにはウィンドウの左側に縦に並んだアイコンから"YouTube"をクリックします。"再生リストに動画を追加"ボタンをクリックして動画の検索もしくはURLから共有したい動画を選び、リストの右側の+ボタンをクリックすると動画が再生され参加者に共有されます。
動画の再生中はマイクがミュートされていますので、会話したい時は動画画面下の"会話する"ボタンをクリックします。
もう一度"Youtube"アイコンをクリックすると共有を終了します。

またGoogle ドライブの機能を利用して、参加者間でスケッチブック等を使って会話しながら共同作業を行うこともできます。